【仮面同窓会】原作はある?ネタバレや最終話を予想!

仮面同窓会

溝端淳平さんが主演を務める東海テレビの土曜ドラマ「仮面同窓会」がスタート!

 

テレビ放送ではスリリングな感じが伝わってきてハラハラドキドキでした。いろいろと伏線もあり、結末が気になった方もいるのではないでしょうか?

 

ここでは原作の情報と、ネタバレ、最終回までの予想を行っていきたいと思います!!

 

スポンサーリンク

仮面同窓会に原作はある?

原作は、幻冬舎文庫の「仮面同窓会」です。著者の雫井脩介さんは、「火の粉」(ユースケ・サンタマリア主演・2016年オトナの土ドラ)、「検察側の罪人」(木村拓哉主演・2018年公開映画)などで知られる、現代ミステリーの名手。

仮面同窓会の原作情報

原作仮面同窓会
作品種別文庫本
出版社幻冬舎文庫
著者雫井 脩介
連載機関2016年8月5日

それでは原作のネタバレについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

仮面同窓会 原作のネタバレ

あらすじ

青春の思い出を語り合うだけのはずだった。同窓会で再会した洋輔ら四人は、旧交を温め合ううちに、かつての体罰教師への仕返しを思いつく。計画通り暴行し置き去りにするも、教師はなぜか別の場所で溺死体で発見された。犯人は俺達の中にいる! ?互いへの不信感が募る中、仲間の一人が殺されて……。衝撃のラストに二度騙される長編ミステリー。

引用:https://www.amazon.co.jp/

 

登場人物

狐狸山高校『仮面同窓会』メンバー4人

・ 新谷洋輔:主人公。美郷と偶然再会し、同窓会に出席。軽い気持ちで復讐計画に参加する。
・ 皆川希一:洋輔の同級生。仮面同窓会を結成し、洋輔を誘う。
・ 片岡八真人:洋輔の同級生。洋輔が心を許す存在。
・ 大見和康:洋輔の同級生。暗い過去がある。

 

・竹中美郷:洋輔の同級生。洋輔と再会。
・日比野真理:洋輔の同級生。後に自殺。
・樫村貞茂:定年退職した体育教師。溺死体となって発見される。
・新谷雅之:洋輔の次兄。洋輔が小6の時に死亡。
・日比野譲司:真理の兄。別の名を串刺しジョージという。

 

=>テレビドラマの相関図とキャスト一覧はこちら。

洋輔と美郷の出会い

美郷がストーカーに追われているところを偶然通りかかった洋輔が助ける。二人は高校時代の同級生。美郷の誘いもあって同窓会に参加する。

仮面同窓会

高校時代に体罰を受けていた4人の生徒(洋輔、希一、和康、八真人)が、元教師だった樫村を復讐するために結成された会。

樫村の謎の死

同窓会翌日、ニュースに飛び込んできたのは「樫村の死」。前日放置した場所ではなく、別の池で溺死体となって発見される。洋輔、希一、和康、八真人は疑心暗鬼になっていく。

真理の自殺の真相

高校時代、希一と和康と八真人らは真理を輪姦した。そのことを体育教師樫村に相談したが、樫村からも犯される。その精神的苦痛から真理は自殺した。

犯人

日比野真理と親友であった美郷と、兄である譲司が犯人。ストーカー男の正体=譲司。

結末

日比野真理を自殺に追い込んだ人間への復讐。確実にクロだと思っていたのは希一と和康。一方の八真人はグレーに近く、仲の良かった洋輔はわからなかった。だからこそ譲司はストーカー男を演じて、美郷は洋輔に近づいた。そして洋輔に盗聴器をつけ、会話を盗むことで真実を暴こうとしていたのだった。全てが明らかになり、八真人はクロ、洋輔はシロであることが判明した。

 

仮面同窓会 (幻冬舎文庫) [ 雫井脩介 ]
楽天ブックス
同窓会で再会した洋輔ら四人は、旧交を温め合ううちに、かつての体罰教師への仕返しを思いつく。計画通り暴行し置き去りにするも、教師はなぜか別の場所で溺死体で発見された。犯人は俺達の中にいる!?互いへの不信感が募る中、仲間の一人が殺されて…。衝撃のラストに二度騙される長編ミステリー。

 

スポンサーリンク

仮面同窓会の原作の口コミ評価は?

原作の口コミを調べてみました。

 

山田さん
山田さん

ストーリーの裏で犯罪が幾つも重なっていてサスペンス作品と感じた。ただ、人物配置がやや強引な気もした。

 

田中さん
田中さん

テンポがのんびりしてる感じがするが、人物描写が丁寧に描かれているので心理の模様が面白い。

 

渡辺さん
渡辺さん

読み進めるとどうやら叙述系?と思い、何とか我慢して読んでいたら思った以上に正統なミステリだった。ただ、張りまくってる伏線のまとまりがよくなく、とてももったいない気がした。こんなに長くせず、もっと分かり易く読みやすい作品にしてくれるとよかった。

 

鈴木さん
鈴木さん

Amazonやブログのレビューを読むと、ラストがスッキリしないという声が多いけど、怖さもあり、ハラハラドキドキの果ての爽快ラストで個人的には☆5の神作品です。
人によってはスッキリしない終わり方に見える可能性もある作品にはなります。

ともあれ『火の粉』と並んで、怖いサスペンスの不滅の金字塔になり、怖いサスペンスを読みたい時にはオススメです!

 

どらまる
どらまる

感想は様々ありましたが、ラストがスッキリしないという意見が多かったように思います。テレビ放送だとキャストの演技力とかもあるので、また違った印象になるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

仮面同窓会の原作まとめ

テレビ放送が原作と同じ展開になるかわかりませんが、少なくとも雛形あきこ演じる上原加奈子は原作にはありません。

どのように関わってくるのでしょうか?溝端淳平さんの演技も見ものですね。

テレビ放送が楽しみです。

仮面同窓会
スポンサーリンク
どらまるねっと

コメント

タイトルとURLをコピーしました